八戸×函館:ブイヤベースフェスタ/pre open賞味会report

2017年1月18日(水)。

北海道函館市・ソシエダ「港の庵」にて行われた
「八戸ブイヤベースフェスタ2017・pre open賞味会」のレポート記事です。

=====

「八戸ブイヤベースフェスタ2017」開催を直前に控えた1/18。私達・八戸ハマリレーションプロジェクトと、”チーム・ブイヤ”のシェフ4名は、北海道は函館市に向かいました。

170118.hakodate01-000.hakodate01

今回の舞台:函館市にあるソシエダ「港の庵」

 

何で函館?

八戸ブイヤベースフェスタも、おかげさまで6回目の開催となり、最近は県外の方からの問合せも非常に増えてきました。

そんな中、これまで同様「まずは地元の方へ!」という思いは変わりませんが…外にもPRを!ということで、ここ数年は、八戸市観光課さん共同で、八戸ブイヤベースの県外PR活動を行わせていただいております。

第一弾である昨年は、東京・駒場にて「pre open賞味会」を行いましたが、とても好反応で、県外の方がわざわざ八戸に来る動機として”八戸ブイヤ”がアリだということを実感出来ました…。

昨年の記事 http://www.hhrp.jp/blog/2016/01/24/2016-0120-hbb2016-pre-open/

ということで、次は八戸から近い「各地方」との繋がりをつくろう!というテーマの元
新幹線でも繋がり、色々と接点があるようで意外と繋がりが少ない「北海道・函館市」へやってきたのが、今回の内容です。

170118.hakodate03-007.hakodate03-006

今回の参加シェフ。(左上より時計回りにて)ビストロ ポ・デタン:三浦シェフ、ボワラ:清水シェフ、レストランバスク:深谷シェフ(函館)、リストランテサワウチ:澤内シェフ。 (下段左より)レストランバスク:伊藤シェフ(函館)、八戸プラザホテル:須田シェフ、小西シェフ(函館)、レストラン ラ・ターチ:橋本シェフ(函館)、ラ・リヴィエール:佐々木シェフ(函館)

 

まずは、現地到着後、どんどんと函館の魚介を捌いていきます!
170118.hakodate01-003

 

そして、休まる間もなく、八戸・函館双方のシェフ達はピンチョスの準備へ。。。170118.hakodate01-004
170118.hakodate01-005

 

尚、今回は八戸のPRを…ということで、八戸の地酒から八戸酒造さんにもご協力いただきました!

170118.hakodate01-007

陸奥八仙:新春祝酒 純米吟醸無濾過生原酒、陸奥八仙:特別純米酒をご用意。

 

 

 

ということで今回の賞味会、まずは…函館より「レストランバスク」深谷シェフ、八戸より「八戸プラザホテル」須田シェフ、お二人の乾杯で会はスタート。170118.hakodate01-010

 

函館・八戸シェフ競演「HHピンチョス」

それでは、この日オリジナルの各店シェフ達によるお料理をご紹介。
各店がピンチョを用意する立食形式にて、第一部は始まりました。

●サーモンムースのグジェール:(八戸)ビストロ ポ・デタン 三浦シェフ170118.hakodate02-000.hakodate02

 

●八戸鯖と玉ねぎのキッシュ:(八戸)ボワラ 清水シェフ
170118.hakodate02-001

 

●茅部沖カジカのジュレ:(函館)ラ・リヴィエール 佐々木シェフ170118.hakodate02-002

 

●森町産SPFポークのシチュー:(函館)レストラン ラ・ターチ 橋本シェフ
170118.hakodate02-003

 

●木古内産青ツブのクリームコロッケと自家製生ハムを纏った王様しいたけのピンチョス:(函館)レストランバスク 深谷シェフ
170118.hakodate02-004

 

●フォワグラのパテと青森リンゴ:(八戸)八戸プラザホテル 須田シェフ
●八戸魚介とチーズのムース:(八戸)リストランテ澤内 澤内シェフ

170118.hakodate02-005

 

函館を中心としたメディア関係者、凡そ40名が集まる会となり、会場は大盛況。170118.hakodate02-006
170118.hakodate03-000.hakodate03

 

函館×八戸 「HHブイヤベース」

そして、今回の本丸である「八戸ブイヤベース」。
担当シェフは八戸から「ビストロ ポ・デタン」三浦さん。170118.hakodate03-001

 

八戸のシェフ達と函館のシェフ達の連携で、どんどん仕上げられていきます。170118.hakodate03-003

 

この日のブイヤベースは、普段の八戸ブイヤベースとは趣を変え、この日だけの完全オリジナル。
八戸魚介たっぷりのスープと、函館の魚介をたっぷり入れた「函館×八戸ブイヤベース」として提供されました!

ポ・デタン三浦シェフのブイヤベーススープをベースに、函館の魚介〔タラ、カジカ、ゴッコ、ドンコ、カスペ、ホタテ、アサリ〕を加えた逸品です。
170118.hakodate03-004

 

“2度おいしい“ には「緑のアイオリソース」をご用意。170118.hakodate03-005

 

イベントは大盛況で、地元メディアの注目も高く、多くのお問い合わせを受けました。
170118.hakodate03-006.hakodate03-005

 
170118.hakodate03-008

会終了後は、関係者が集まり、八戸と函館の交流を深めました。

この交流は、後のブイヤベースフェスタオープニングパーティー、弘前バルへと繋がっていきます…。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*